黒姫高原自然歩道コース

コース名 黒姫高原自然歩道コース
コース概要 • 黒姫高原開発の碑・松木重一郎の碑
現在は黒姫スノーパークといわれているスキー場はかつて『国設黒姫高原スキー場』
と言われ、昭和41年の開発構想、着工、同41年12月に開場、42年1月15日にオープン8か月という驚異的なスピードで開発されました。
この開発方式は『黒姫方式』と言われ、国鉄、地方公共団体、営林局などが協力し各分野で力は発揮して開発、営業出た利益は地元に還元するという当時は珍しい「第三セクター方式」と呼ばれました。

現在のコスモプラザの前身は『シャレ―黒姫』で当時は奇抜な赤、青、白のストライプ
の建物で昭和42年から平成7年までの28年間営業しました。
隣の松木重一郎の碑はスキー場開発に尽力された方で昭和31年初代信濃町町長で14年間勤められその後県議会議員として活躍されたかたです。
コスモス園は昭和48年に開園され当初は5万本のコスモスで売り出しました。ゲレンデには水道の井戸があり現在2本が稼働しています、地下70mと100mで第1配水池、第2配水池を経て高原周辺へ送られています。

• 4万年まえの野尻湖は倍近い大きさだったが地面隆起説で分断され片側が干上がった
斑尾山1348mの頂上付近にはほこらがあり薬師如来像と十二神将像が納められている、一度出すと必ず1体が入らないと言う民話がある。

• 御鹿池は「坂上の塘」と言って野尻湖までの農業用水に使われる「伝九郎用水」の源である。昭和28年に現在の形に浚渫工事が施され水温6度上げるのが目標だった

• 黒姫童話館は1991年に開設ミヒャエルエンデを筆頭に松谷みよこ、岩崎ちひろ、桜井誠などご原画や資料が展示されている。
童話の森ギャラリーは1998年長野オリンピックの年に開設され、特別展や企画展など、また体験が出来るスペースもある。

距離 3.6km (消費カロリー約244kcal)
所要時間 約1時間30分
集合場所 黒姫スキー学校  Googleマップで見る
集合時間 カレンダーまたはFacebookでご確認ください。
対象 18才以上の方
定員 30名
参加費用 信濃町の方500円(町外の方1500円)
実施日 日程表を見る
お申込み メール、またはFAXでお申込みください。(ご希望日の2日前まで)
iconmonstr-mobile-phone-7-icon-64お申込み
お問い合わせ先
 
 
お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 信州ウエルネスツーリズム研究所
〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻29-1
担当 松木健一
TEL 090-4614-7511 FAX 026-262-1117
E-mail matsuki@wellness-tourism.jp

ルートマップ
Route Map

iconmonstr-map-6-icon-128

案内マップ
Guide Map

guide

集合場所
Meeting Place

iconmonstr-flag-20-icon-128

黒姫スキー学校 
Googleマップで見る